​臀部、脚(もも、ふくらはぎ)坐骨神経痛、痺れの症状例
 臀部~大腿、下腿部痛、痺れ原因パターン例
a.脊髄神経 b.背骨、仙腸関節由来    c.股関節由来 
 
d.座骨神経痛  e.梨状筋症候群   f.  脚長差などによる場合
 
脊髄神経

症状
・臀部や大腿、ふくらはぎの一部に痛み又は痺れがある

原因対策
 背骨の前を走る脊髄神経が脊柱管の中で脊椎変性などに伴い、骨や肥厚した
靱帯などに刺激され腰痛の症状が出る場合と同様です。腰椎は下肢の神経も出
るため、腰痛などと同頻度で下肢にも痛み、痺れなど症状が出ることがありま
す。

 腰痛症状例ページの、椎間板性腰痛     椎間関節性腰痛(腰椎椎間板ヘルニア) 仙腸関節障害  脊柱管狭窄症   変形性脊椎症  腰椎すべり症・分離症と重なるため、詳細はそれらの各項をご参照ください。

座骨神経痛

症状
 ・太腿やふくらはぎに痛みや痺れが出ている

原因
  脊髄神経由来の場合と症状は同じようなものを呈しますが、坐骨神経は末梢神経のた
 め、痛み、痺れを感じる表層部位は脊髄神経の場合よりやや幅広いの部位となったりしま
 す。神経が関与する場所は縦長である点は脊髄神経の場合と同様に現れます。ただ脊髄神
 経の場合も複数に及ぶ場合が多いため、出方はあまり変わらなかったりします。
  
対策

背骨、仙腸関節由来


 「腰痛症状例」ページをご参照ください。

梨状筋症候群


症状
 ・片側脚、全体あるいは一部の広い箇所に痛みや痺れがある


原因
  股関節外旋六筋のひとつ、梨状筋は坐骨神経、下殿
神経さらに上殿神経と隣接するた
 め、これら神経の絞扼性障害の原因となりえます。梨状筋に向かう神経には名前はついて
 いません。梨状筋やそのそばを通過する神経から生ずる症状を含め、梨状筋症候群といわ
 れることが多いです。
  坐骨神経は脛骨神経、総腓骨神経含み、そのため一側下肢に広範な痺れ、痛み症状が出
 やすくなります。
  梨状筋の大きさには個体差があり、この差に姿勢の影響など梨状筋の過緊張が加わる
 と、症状発現のきっかけとなるといえます。
  梨状筋にはいい意味でも悪い意味でも姿勢を作る影響が強くあります。

対策

  梨状筋の姿勢左右差に関る知見を院長藤田は発見し、それはその理論の一部を構成して
 います。梨状筋の3次元的な影響は従来限定あるいは誤解されているところもあり、この
 筋の正しい理解は施術結果を決めるといってよいものです。梨状筋が原因に関係している
 可能性までわかっても、なぜ梨状筋が過緊張になるかの理由をわかっているかが大事とな
 ります。過収縮しているのか、反対側梨状筋によりその姿勢を維持するために過緊張にな
 らざるをえないのかで対策は変わるからです。

大腿神経

 症状
 ・太腿の前側に痛みやしびれが発生している
 
 原因 
  主に姿勢が原因でこの症状に関係する神経を圧迫してしまうことがあります。またその 
 姿勢で動いたり、歩くことでよりその状態が強まり、神経症状が出ている場合がありま
 す。この場合は、椎間板ヘルニアと症状が似るため、両者を鑑別するテストを行います。

 対策
 まずは姿勢の改善が必要で、それに対し、過緊張筋をリラックスさせ、姿勢を変えていく
​ ようにします。そのため姿勢を正常にさせる筋肉を活動させていきます。

閉鎖神経

    症状
 ・太腿の内側が痛んだり、痺れる

 原因 ​ 
    大腿から骨盤にかけての深層筋に張りが生じていたり、硬かったりすると股関節前面の  
 神経を圧迫することがあります。このため、高頻度で生じるものではないですが、大腿の
 内側からふくらはぎ前面にかけて痛みやしびれが起きた場合、このようなことを考慮する
 必要があります。

 対策
  スポーツでサッカーのキックモーションなどで股関節の特定の内側の筋肉をよく使い、
 前傾姿勢があるパターンだと筋肉が過使用になりえ、この場合にも生じることがありま
 す。また股関節のインナーマッスルをしっかり使えていないと、前方の筋肉を傷めること
​ もあります。後天的な姿勢偏移により股関節の内側の筋肉のバランスが崩れ、影響してい 
​ ることもあるので、総合的に修正していきます。

 
​整体院 ヒューマンペイン府中(痛み・痺れの改善)
 
 東京都府中市新
 町1-70-14アクアブルー新町KY
   301室             TEL
 070-8948-1087  
 
定休無
営業時間
10:30~21:00
出張可能(府中・国分寺・小金井市他)
 
Copy Right© 整体院 ヒューマンペイン府中 All Rights Reserved