​施術〔痛み原因改善]詳細
 
〈姿勢改善〉
​ 全体的な姿勢の修正、主要関節の偏りを戻し、過緊張筋を緩め、各種筋短縮改善を優先し行います。
 ただし姿勢は筋活動を伴い、改善には筋、関節のスタビリティー(安定性)が必要です。
 そこで関節スタビリティ改善と正常な筋の働きを促すため、下記、〈関節・筋筋膜調整〉と右記、〈姿勢筋活動」のうち、特に全体姿勢と主な関節に関わるものを重点的に抽出、姿勢改善に不可欠なものを行います。

 
〈姿勢筋活動〉
 当院は、筋左右差で最先端の解析ができます。姿勢改善のため弱化筋にピンポイントを置きます。姿勢改善を有効化、安定、持続させます。
​ 
​〈関節・筋筋膜調整〉
​ 上記「姿勢改善〉を四肢関節に広げ、骨格調整をします。また筋やその間、筋膜調整をします。このことで、さらに姿勢とスタビリティがアップしやすくなります。
 関節・筋筋膜の歪みが残っていると、全身連鎖で治りかけ部分をもとに戻してしまうためです。
​ 
 ・・・ 当院以外では
​ 筋の短縮、と、筋の硬さを区別しない!  →
      
硬い所をほぐすのは表上の改善
→根本改善?
 
底流にある、当院哲学
 当院はお客様に開始後、施術スタート→改善 の流れを大事にします。
 「痛み原因改善]では姿勢改善が優先です。姿勢が変わり、初めて真の変化が起きるためですこの点に尽きると考えています。
 病院や保険外でも通常の施術では骨盤矯正だけとなり全身、また左右差の観点がないか厳密でありません。しかし、当院は全身関節のずれを把握します(科学的姿勢分析で、その一部最先端知識は藤田が保有し、今後論文で随時発表していきますが学者間でもまだ共有されていないものもあります)。

 最初の段階〈姿勢改善〉で症状の7割近くが改善するケースもあります。逆に他内容単独でそれをやる場合、やや時間を要することになります。そのため、これら三つをコースとして分けず、最適なものをご提供します。
 〈骨格・筋筋膜調整〉は姿勢改善とスタビリティupの縁の下の力持ち、筋活動コースは姿勢改善定着の前提と捉えてください。