​施術〔身体改善]詳細
 
施術[身体改善]
頭蓋仙骨療法とは
​ オステオパシーという長い轢死を持つ徒手療法手技があります(※注一)。
頭蓋骨間は出生から子供期を経、徐々に癒合されていきます。しかし、完全に癒合されてしまうかというとそうではなく、全身の骨と骨の関節同様、各頭蓋骨間には軽度の動きがあります。
 さらに頭蓋骨間の動き以外に、頭の内部には硬膜、クモ膜、軟膜など各層があり、こうした膜間、大脳・小脳・左右の大脳と小脳間の動き、また各頭蓋骨自体も呼吸、体液の流れに応じて一定のリズムで膨張、収縮の動きを持っています。また脳脊髄液、リンパ液など脳や脊髄に栄養を運ぶ組織駅の通り道もこれらに影響を受けます。
 この頭蓋骨間や頭蓋骨の動きが正常でないと、脳の栄養、免疫、内分泌系、自律神経系に影響します。頭蓋骨間の関節の偏りは三次元的にあり、それは左右全身の姿勢と関連があります。骨関節系として頭蓋骨間関節を見ることもできるし、こうした自律神経系を筆頭とするシステムであると捉えるのも可能です。

 頭蓋骨の可動性といっても全身の関節のようなかどうせいがあるわけではないので、痛くもないし、ごく軽度の動きを加えたり、抑制したりするだけなのでとても安全な施術法です。各頭蓋骨が姿勢によりどのように傾き、左右差が生じるのかということ、頭蓋骨間の動きの連動性をもとにこれらの動きを正常化させていきます。
 頭蓋骨外硬膜菅、頭蓋骨内硬膜菅の施術、頭蓋骨組織、仙骨、四肢の動きの調整などがあります。実際には頭蓋骨間の関節を動かすことで横断的な脳組織の可動性も生じるため、直接脳内部を施術するわけではありません。終了時は即効性があるとともに緩徐に自律神経系を中心とした体の調子が上向いていくのが感じられるはずです。

 ※注一なお、カイロプラクティックとはまた異なる手技療法ですが、部分的に似ているものもありますが、ほとんどは安全です。つまり長てこという手技を使う流派もあるので、その意味ではカイロプラクティックに近い手技も含まれますが、それらを除外した一般的手技は行えることがあります。