​肘・腕の痛み、痺れ施術
 治療コンディショニングコースの[痛改善等治療]、ボディワーク・コース
[姿勢改善]メニューにおける、痛み部位別の施術例を流れに沿い、ご説明致
します。
  
問診
   ↓
上半身姿勢検査
   ↓
  患部の評価       
        ↓
 分析(姿勢との関連含め)
      ⤵
    施術内容策定
       ↕
      ◦治療
  ・施術中、後アドバイス等フォロー
施術基本の考え方
1.痛みがなぜ生じているか、姿勢や動き、歩き方から考察
2.痛い箇所の前に、その動きを引き起こしている箇所を修正
3.再発を防ぐため、身体のさまざまな偏位を調整(ごく細かい動きもご本人にして
  いただき、痛みの出ない動きを無意識にできるのをお手伝い)
  というような流れになります。
 
肘、腕の痛み・痺れ施術
原因パターン例(これらそれぞれに多くの原因が隠れ、それを探り出していきます)
a.上腕~前腕筋肉由来  b.靭帯由来   c.肘関節由来  d.テニス肘、ゴルフ
肘(外側上顆炎)、野球肘  e.脊椎(頸椎)由来  f.他の関節由来  g.胸郭の神経通路の硬さ等から由来  h.捻挫等外傷  ⅰ.その他 
 肘関節は強い筋肉もあり、それらが交差したり、スポーツだけでなく無理のかかりやす
い場所です。また中間関節のため手や肩の影響等、他関節の影響も考えられる所です。全
身の姿勢が肘を見れば推定されるほどわかりやすい関節でもあります。
 それ以外の場合、原因は隠れているので様々な角度から見つける必要があります。特にg.胸郭の神経通路の硬さ等から由来する場合もあり、チェックもできます。整形外科で
は脊椎、肩、手等専門が分かれていて、こうした場合の診断推定が後回しにされるような
こともありえます。また判明したにせよ、原因の除去も可能なのになかなかされないこと
も見られます。
 怪我の後等での病院リハビリでも時折行われますが、実際には肘が曲がるか伸びるか、
全体的に力をつけることが主であるのが実際です。しかし、このような単純な方法では肘
の本当に大事な機能は引き出されず、元の状態より悪化してしまう恐れもあります。
 当院は悪い部分を押さえ、眠っている良い部分を目覚めさせるお手伝いが可能です。現
在の整形外科は肘は肘、手は手というようにすべて診断と同様、分別してしまっています。
これではすべてつながりを持つ人間の体の治療は非常に不十分となるのが予想されます。
肘といえども全身トータルにその一部分として見る、なおかつ病院より肘に関しても細か
い動きの調整が可能ですので、施術をお奨めいたします。
Copy Right© ヒューマンペイン  治療ラボ All Rights Reserved
​ヒューマンペイン 治療ラボ(痛み・痺れの改善)
 
 東京都府中市新
 町1-70-14アクアブルー新町KY
   301室                      TEL
  080-7028-6838
 
不定休
営業時間
 10:00~19:00
出張可能(府中・国分寺・小金井市他)